無料でウマドンナとプレイ!

無料でウマドンナとプレイ!

競馬の知識がなくても大丈夫!ウマドンナの魅力でごくごく自然に競馬に関する知識もゲームを通じて知ることになりますね~。ギャルゲーにはお約束のサービスシーンもありーの、そして萌え系もありーの、そして嬉しいサービスシーンもありーの。で嬉しいことにこのゲームは無料♪♪ おまけにウマドンナの声優たちは、とっても豪華なキャストたち。これって最高ですよね~そして嬉しい無料なんて、これはプレイしてウマドンナに弄んでもらうしかないでしょ。

どのウマドンナが好み?

ギャルゲーの王道ともいえるフリーゲームで、公式JRAのホームページから「My sweet ウマドンナ 〜僕は君のウマ〜」へ行くことができました。こちらのサイトは初代のウマドンナです。初代ウマドンナがオープンしたのが2011年12月11日から開始しました。馬が主人公?!えーーっ?!と最初は驚きも少しはあったようですが、ウマドンナの内容にはかなり豊富なギャルゲーの要素がたっぷりで、JRAってばかなり面白いことやってるな~?!と、競馬ファンからも好意的に受け止められました。

競馬ファンもウマドンナでプレイするのは、ちょっとした息抜きとして楽しめるという点でも嬉しいことと、登場するキャラクターの名前が、有馬記念優勝馬だったり管理調教師から名前が採用されているので競馬ファンも「おぉーなつかしーーー」となること間違いないですね。

一流クリエーター集合!

  • ウマドンナが誕生したキッカケは、競馬未経験者たちに年末の有馬記念に向けてJRAのウェブ上にもっと面白いコンテンツを載せて、そしてtwitterやfacebookと連動させてもっともっと有馬記念に向けて盛り上げていこうじゃないか?!というJRAが考えたことから始まりました。
  • そこで誕生したのが「ウマドンナ製作委員会」であります。そしてゲーム製作をするにあたって、一流クリエーターが集合して作られました。ギャルゲーの要素をしっかりと踏まえているのは、クリエーターがきちんと作っているからなんですねぇ。
  • サービスシーンがあったり萌えキャラもあって、立ち絵もあればサービスシーンもあり。そしておまけにアニメも挿入されるという点もかなりポイント高くって、ストーリーに入る前と話が終わる時にアニメ挿入されますが、それがまたなにげに嬉しかったりするんですね~。
  • 一流クリエーターっていったい誰がやってんの?!って気になりますが、キャラクター原案を担当したのは緒方剛志さんです。イラストを担当したのは数々ありますが「ブギーポップシリーズ」のイラストだったりゲームの原画やキャラクターデザインでもかなり活躍しています~。そして緒方剛志というペンネームのほかにR18系の作品では別のペンネームで活躍しているだけあって、どS調教師の寿姉さんもジャージでありながらもぴったりジャージに巨乳という、さすが緒方さんには抜け目がない仕事振りですね。
  • そしてシナリオを担当したのは蒼山サグさんです。蒼山サグさんもかなりロリコン系の小説が多いのが特徴になっていますが、ものすごい競馬ファンです。競馬ファンならではのシナリオ作りに萌え系スパイスも加えて練られているんですね~ゲーム中に蒼山サグ節に気づいた方もあんがい多いのでは?!と思います。
  • 初代ウマドンナのゲームが始まって、ゲーム中のシナリオと同じく主人公(ボクちゃん)が目指したレースが「有馬記念」ですが、2011年12月25日の第56回有馬記念開催日にレースが行われる舞台の中山競馬場で来場者プレゼントとして、ウマドンナのキャラクターイラスト入りのクリアファイルのプレゼントがありました~!これウマドンナ好きにはたまらないプレゼントです。

My sweet ウマドンナ 〜僕は君のウマ〜 を作ったクリエイター

  • シナリオ・・・ 蒼山サグ 秋田県出身で2006年に第15回電撃小説大賞銀賞を「ロウきゅーぶ!」で受賞。この作品でデビュー。
  • キャラクター原案・・・緒方剛志 大阪府出身で数々のイラストを手がけるほか、ゲーム原画なども手がける。
  • 監督・キャラクターデザイン・絵コンテ・演出・作画監督・・・田頭しのぶ 青森県出身の女性アニメーター。アニメーション監督としても活躍中。作画としても参加することもあり。
  • 美術監督・・・小倉宏昌 東京都出身のアニメーション美術監督です。初美術監督を担当したのは「王立宇宙軍オネアミスの翼」です。現在「IG小倉工房」を主宰をしています。
  • 色彩設計・・・田中美穂 たくさんのアニメーションで色彩設計として参加しています。「もしドラ」や「うさぎドロップ」などにも参加しています。
  • 撮影監督・・・中田祐美子 こちらも女性クリエーターですが、「ハイキュー」などでも撮影監督として参加しています。
  • 編集・・・植松淳一 編集として「平成天才バカボン」や「学校の怪談」などにも参加してます。
  • 音響監督・・・小泉紀介 テレビアニメの「人造昆虫カブトボーグ」やアニメ映画の「わすれなぐも」の音楽監督もされています。
  • プロデューサー・・・杉本豊 ウマドンナ全体のプロデューサーを担当しました。
  • アニメーションプロデューサー・・・黒木類 アニメーションプロデューサーも競馬好きです。
  • 制作・・・ Production I.G ・・・大ヒットタイトルとなった「イノセンス」などをつくったアニメ制作会社が作り上げました。
  • 製作・・・ウマドンナ製作委員会